山口大学 障害のある学生への修学支援に関わる規則・方針

山口大学では、障害のある学生への修学支援に関わる規則や方針を定めて、相談や支援を行っています。

山口大学障害のある学生への修学支援に関連する資料

支援の流れ

障害等の理由で修学支援を希望する方は、学生特別支援室にご相談ください。

  1. まずは、困っている状況を教えてください。
  2. 支援を行う場合は、関係者間で協議します。
  3. 支援内容を確認しましょう。
  4. 必要に応じて支援を実施します。
  5. クォーターや学期の終わりに支援の評価を行います。
    次の学期の準備に活かすため、効果があったこと、難しかったことを一緒に確認しましょう。

関連部署と連携して支援を行います。

  • 所属学部
  • 授業担当教員
  • 共通教育
  • 学生相談所
  • 就職支援室
  • 保健管理センター など

支援の実施

支援内容の決定

障害等の理由により行う修学支援の内容は、
  • 障害の種類や程度
  • 授業の目的や授業形式(講義、演習、実習など)
  • 大学の仕組み(キャンパスの立地、カリキュラム、規則など)
によって異なります。

実際の支援では、学生特別支援室での相談や面談を通して困っている状況を確認し、支援が必要な学生・学生の所属学部・関連部局等の関係者間で協議しながら支援内容を決定します。

支援の例

必要に応じて、
  • 相談対応
  • 定期面談
を行います。

また、ニーズに応じて修学支援を実施します。 修学支援の内容は、障害の種類や程度、授業の目的や授業形式、大学の仕組みによって異なります。具体的な支援内容については相談・協議しながら決定します。

例えば、
  • 「配慮願」の送付
  • 座席の指定
  • 板書の代筆
  • ノートテイク
  • ガイドヘルプ
などが考えられます。

支援の申請

山口大学では、障害のある学生が本学に対し、支援の実施を求めるために、支援の申請を行うことができます。

相談や定期面談には、特に支援の申請を必要としていません。

学生特別支援室では、組織だった対応や全学での調整が必要な支援(例:「配慮願」の送付、機材の貸出、支援スタッフの配置等)を 希望する方には、支援の申請を勧めています。

支援の申請は、
  • 障害等の理由により修学や大学生活で困難のある学生自身が、支援を希望していることを前提としています。
  • 所定様式にて「障害による修学支援申請書」の作成が必要です。
  • 障害者手帳の写し、または診断書が必要です。

支援の申請について検討される方は、学生特別支援室にお問合せください。
学生特別支援室では、修学上の難しさについて確認し、申請要領の説明を行います。

支援機器の貸出

学生特別支援室では、支援機器を整備しています。
山口大学に所属する学生が、修学上必要性がある場合に貸出可能です。
貸出希望の方は、事前に学生特別支援室までお問合せください。

ボイスメッセ(助聴器)

  • “聞こえ”をサポートする助聴器です。
  • 周囲の音を耳元で聞くことができます。
  • ヘッドホンやイヤホンを通しても聞くことができます。
  • スイッチが少なく、操作も簡単です。
ボイスメッセ(助聴器)の画像です。

Aumed(拡大読書器)

  • “見えやすさ”をサポートする携帯用の拡大読書器です。
  • 実物(文字や図表、写真等)が拡大されたものが画面に映ります。
  • 倍率を変えたり、白黒を反転させたりする機能もあります。
Aumed(拡大読書器)の画像です。

KakiPon(筆談ボード)

  • スムーズな会話をサポートする、簡易筆談器です。
  • 磁器で書くため、手は汚れません。
  • 書いた後、ワンプッシュで消すことができます。
  • ペンの太さも選べます。
KakiPon(筆談ボード)の画像です。

簡易スロープ

  • 小さな段差を解消して、車椅子に乗ったまま移動できるようにします。
  • 折り畳み式なので、持ち運びが可能です。
簡易スロープの画像です。